スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験までの流れ



こんにちは。

先日初UPして、すでに継続してUPできるのか心配している今日この頃です。
以前、楽天のほうでブログ開設してたけど、まったく続かなかったので、
今回は続くかどうか・・・・自分でも見物です。


■JOCV(←青年海外協力隊の略称)受験までの流れ■

高校で国際協力を意識し始める
      ↓
大学は(志望動機はよく覚えていないんだが、おそらく国際関係学部に魅力を感じなかったのか)
地球環境科学部に入る。部活動・サークル活動派で、まったく勉強せず。
3年時からゼミに入るものの、またもや勉強せず。
今も教授とお付き合いがあるが、いつも「期待してたのに、期待を裏切られた」と言われます。
地下水の研究を細々としていました。
このときに国際協力と環境分野で何かしたいという思いが生まれました。
      ↓
大学3年の時に、初めてJOCVを受験する。
新卒で行くことをねらっており、このときは補欠合格。
だが、その後の通知はなく、不合格になりました。
      ↓
大学4年の夏休み。
NGO「LIFE(地球の友と歩む会)」の社会開発研修のスタディーツアーに参加。
インドに一カ月行きました。
インドの子供の目のキラキラさに圧倒され、でも子供の将来を考えたときに
「はたしてこの子に未来はあるのか?」と考えてしまう状況でした。
やっぱり教育と衛生面の改善が大事だと感じました。
      ↓
アイ・シー・ネット㈱の研修に参加した時に、社会人経験を経たうえでJOCVに参加したほうがいいとの助言を受けて、一般企業に就職することに決める。
      ↓
絶対営業やりたい!との思いで、よくいうブラック企業
(就活してたときブラック企業偏差値がでてたけど、2位だった)に就職。
そこで営業できれば人間としてでかくなる!との思いで入社。
しかし、営業職で採用されたにもかかわらず、アシスタント(事務ですね)で配属。
納得いかず、人事に泣いて訴えたけど、どうにもならず。

やりがいと給料・キャリアの間で葛藤するも、早々と1年4カ月で退社。
でも、ものすごい大きな経験とやりたいことへの道が見えた期間でした。
      ↓
環境省のエコインストラクター人材育成制度で静岡のホールアース自然学校に研修に行く。
今まで海外志向だった頭が、日本志向に変わりました。
食料自給率が低いのは情報で知っていたけど、実感として受け止められた初めての経験でした。
また、自然の中で仕事をできることのすばらしさは、もうどうしようもないほどに恋焦がれてしまいました。絶対将来、自給自足の様な生活をしたいと思いました。
      ↓
研修中、JOCVを受験。悩んだけども、今がチャンスと思ったことと、まだ自分は途上国に足を踏み入れておらず、何も見ていないとの思いから受験をしました。
      ↓
2月9日、合格発表。

そんな流れです。
JOCVに興味のある方は試験受けてみてください。

とくに難しいということではなく、自分がどの職種で何ができそうかというものがあれば、
必ず合格すると思います。

ちなみに私は「環境教育」分野でメキシコに派遣予定です。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッキーナ

Author:アッキーナ
「今、考える。食と農」についてのブログ。
プラスたまの旅行記・写真紹介。
そして2010年~2012年まで青年海外協力隊員として行った
メキシコのこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

カンクンの旅行情報
カンクンの旅行情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。